Home > プロフィール

プロフィール Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

プロフィール


私たちプロカメラマンは撮影に際してよくニュアンスという言葉を使います。
被写体(image)がもっている微妙な雰囲気の違い(nuance)をいかにして表現するか
ということに思案するわけです。

一般には写真を撮ること=シャッターを押すことと思われている方が多いと思いますが、
プロの撮影ではセレクトして、スタイリングして、ライティングする、この3つの準備が
重要になります。この準備ができればほぼ7~8割撮影できたようなものです。

あとはカメラでアングル、フレーミングを決めるだけです。このプロセスの過程で何を
選択するかがその人のセンス・個性になります。ひとつひとつの組合せの小さな違いが
積み重なることによって最終的には大きな違いになって表れます。

ブログタイトルである nuance はその思いを込めてつけました。
それでは宜しくお願いします。



プロフィール

須摩 謙 

石川県生まれ
日本大学芸術学部写真学科卒

文化出版局写真部を経て、藤井 保氏、安井 進氏に師事
87~88年フランス・パリ市在住、ELLE JAPONパリ支局
帰国後、アンアン、ポパイ、ハナコ、フィガロジャポン、婦人画報誌などで活動

95~96年渡豪、オーストラリアで現存する唯一のボクシングテントの存在を知り、
以後ライフワークとして彼らの活動を記録。オーストラリア大使館HPにて同行記掲載中

2012年5月、BEAMSより写真集刊行(アートディレクション:Cap 藤本やすし
表参道/ROCKET・原宿/BEAMS本店の2会場で写真展も同時開催
只今、BEAMS Online Shopにて発売中


Home > プロフィール

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。