Home

nuance  金沢 写真教室

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

3月 定例レッスン テーマ「キッチンスタジオを使った料理撮影」

今回はキッチンスタジオをフルに使って調理したての料理を撮影していただくつもりでしたが、
キッチンスタジオの景色を取り入れて撮影したいという要望が有りましたので、
選択してお好きな方で撮っていただきました。
猫の箸置き、桜の枝の入り具合、背景のガラス皿とスプーンのハイライトの加減、
シルエットになる椅子とテーブルの位置等、一見簡単そうに見えますが、
構図が良く考えられているのがわかりますでしょうか。



KT-3_20180401144618f61.jpg




TBN-3a.jpg




      TNG-3.jpg




      TBN-3b.jpg



1月 定例レッスン テーマ「多重露光」

年初めはまだやったことのない多重露光に挑戦していただきました。
二枚の画像の重なる位置や透かし具合が難しいのですが、
その場ですぐ確認できるので、フィルム時代にくらべ隔世の感があります!




      TBN-1b.jpg




      KT-1b.jpg




      KT-1a.jpg




      TBN-1a.jpg




12月 定例レッスン テーマ「年賀状」

12月は毎年恒例の年賀状のための撮影を行いました。
昨年は干支をモチーフにして撮りましたが、
今回はクリスマス同様自由に撮っていただきました。
図らずも皆さん和のイメージになりましたが、
空間の処理の仕方に苦心されていました。




TBN-12.jpg





KT-12.jpg





TNG-12.jpg




11月 定例レッスン テーマ「クリスマスカード」

今月は毎年恒例のクリスマスカードのための撮影を行いました。
昨年はシックというキーワードで撮っていただきましたが、
今年はあえてキーワードで括らず、自由におまかせしました。
背景のライティングに苦心されていましたが、
さあ、昨年より進化しているでしょうか!?(笑)




      TBN-11.jpg




      TNG-11.jpg




      KT-11.jpg




10月 定例レッスン テーマ「インスタ映えするスイーツ」

インスタ映えする写真というと色が鮮やかで派手なイメージのものが多いですが、
みんなと同じような写真だとかえって埋没することもあるので、
今回は各自の解釈でお好きなように撮っていただきました。
皆さんちゃんとした一眼レフを使用しているのですが、
スマホで撮ったインスタとの違いはわかりますでしょうか。



TNG-10.jpg




    TBN-10.jpg




    KT-10.jpg




    KWB-10.jpg



9月 定例レッスン テーマ「しずく」

今回は生憎の曇天だったため、オープンスペースの光がフラット過ぎたので、
照明、背景構図など皆さん総出で作画に取り組みましたが、楽しい撮影会になりました。




      9-TNG.jpg




      9-KTY.jpg




      9-TBN.jpg



8月 定例レッスン テーマ「シック&スタイリッシュ」

今回は題材は自由でシックまたはスタイリッシュなイメージというテーマで撮っていただきました。
オープンスペースは自然光がたくさん入るので、光のコントロールが難しいのですが、
皆さんそれぞれ光のニュアンスを工夫されていますね。




      8-1.jpg




      8-2.jpg




      8-3.jpg




7月 定例レッスン テーマ「食べもの」

今回からレッスンが新しい場所に変わりました。
自然光が入るオープンスペースでキッチンなども兼ね備えた場所ですので、
まずは食べものを扱ったイメージ撮影をしていただきました。




      7-1.jpg




      7-2.jpg




六月 定例レッスン テーマ「紗幕」

今回は紗幕を使ってふわりとしたイメージのものをということで撮ってもらいました。
      


      6-3.jpg




      6-2.jpg




      6-1.jpg




五月 定例レッスン テーマ「粗粒子」

今回は新たな表現方法ということで粗粒子写真にトライしていただきました。
フィルム時代は増感という方法で簡単に画像を粗すことができましたが、
デジカメになり撮像素子の性能が上がるにつれ粗粒子画像にすることは
難しくなってきました。今回、撮影段階にあえてストレスを与えることで
どこまでフィルム時代の増感表現に近づけるか試してみました。




      KY-5.jpg




      5-TBN.jpg





      TG-5.jpg





Home

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。